お金の価値が変わってきています。

日本経済では、
今やお金の価値が変わってしまいましたね。

銀行に預けて利息を得る時代から
世界のマネー経済に沿って自分でお金を運用して
増やしていこうというのです。

そういった意味では投資で利益を得ることができるFXも
ひとつの選択肢としてあるのです。

でも、投資というからには、
それなりの資金を用意して自分で
通貨の売買トレードを仕掛けていかないと始まりません。

通貨の動きを読めるようにならないとFXはできませんから、
絶えず世界の動きに目を向けていく
姿勢を持ってないとできないのです。

そしてさらにFXをやっていくには、
為替レートの動きをつかむ「感」というか、
経済情勢の変化が、どう為替レートの動きに影響を与えていくかを
総合的に読めるようになっていかないと利益を得ることができないのです。

副業でFX

取引コスト面で有利なFXで
副業をして資産運用をしようという人が多くいます。

利息がほとんどつかない日本円を売って、
外国通貨に投資をしていく人が増えてきています。

資産運用の投資先の一つ、
副業としてのFXをしてみてはいかがでしょうか。

銀行にお金を預けて取引をしていくことが
もっとも安心できる資産運用となるのですが、
現在の日本は金利が非常に低いので資産運用には
程遠い形になります。

副業として資産運用をして金利以上の利益を得る
ということでお金を得ることができます。

FXは安全な副業かといわれると、
安全ではないと答える人が多いと思いますが、
上手に取引をしていけばしっかりとした
利益を得ることができる金融商品となっています。

副業としてFXといわれる所以は、
FXの市場が24時間オープンしているからということになります。

24時間市場がオープンしてますので、
本業が終了した後にパソコンや携帯などで
簡単に取引ができるので、
FXは副業に向いているともいえるでしょう。

BOとFXを併用

fxトレード経験があったほうがバイナリーには有利だ、
この意見はやはり正しいと思います、

もちろん経験なしよりはいいに決まっている、
とも言えますが、バイナリーのトレード画面は
1つだけですから、fx用のツールを用いている
という方も多いようです。

バイナリーのツールから考えてギャンブル的だな、
という感覚が備わってしまうのもやはり困りものです。

スキャルピングの裏技的な発想で
どんどん勝ちを決めていくような人、

fxでスキャルをしながらうまく
運用しているような人もいるようです。

ギャンブル的な価値というものも導入していく、
というのでしょうか、、

うまく言えませんが、
たまには相互にリスク分散してみたりすると
もっと便利だな、などという人もいます。

メタトレ自作のメリット

メタトレーダー5、
結局インストールしてみました。

純メタトレですから業者対応できませんけど、
デモトレードでちょっとやってみて感動したぐらいですね。
ただEAはちょっと把握しずらいです。

ところでメタトレーダー4のEAですけど、
よくよく考えてみると自作でやってる人少ないですよね。

先日もユーロドルでfx商材のニュアンス組み込んだ、
なんて人がいましたけど、青色でエントリー、
黄色で決済、なんてシンプルな割に見づらそうでした。

でもシンプルであることはいいこと、だそうです。

やはりトレードツールによっては
タイムラグが出てしまうから、
EAでそれを解消することもできるのかな?という感じです。

非常に簡単なEAを自作するというのも、
裁量トレードでも使えるのかもしれません。

シストレを突き詰めていくと・・・

シストレを突き詰めていくと、
トラックレコードいわゆる
トレードシステムごとの
運用評価に突き当たります。

利益率もありますし、
ドローダウンなども、
色々な項目で数値を見ることができ、
同じようなものであればこっちの優秀なほうが、
という決め手になるわけです。

例えばドローンダウンについては、
過去のもっとも大きな損失を表していますが、
投資資金に対していくらまで減少する
可能性があるかもわかります。

これがあれば、せっかく積み上げてきた資金が
急にパーになってしまうことも避けられると思います。
相場が大きく動く場合にはまず有効です。

シストレといえばバックテストでもいいのですが、
これはトレーダーごとの統計的な意味合いは無いわけですね。

なんて最近、思っています!!

UBUNTUでメタトレード

linuxでデスクトップといえばUBUNTU、
このOSでトレードできないだろうか?
としばしば考えてたものですが、
やはり一度はチャレンジすべき、

 

ということで、UBUNTU+wineのコンビネーションで
メタトレーダーの導入にチャレンジしてみました。

 

試してみたらまずUBUNTUでは
中身としてwineがすでに入っているんですね、
インストールはされてませんが、
そのまますんなりと実行が可能です。

 

でもってメタトレ4をインストールするだけ、
非常に素早い導入プランですが、
MT5も可能なようです。

 

もちろんメタトレの開発元が
保証しているわけでもありませんし、
ましてや国内のメタトレ業者にも
サポートは依頼できません。

 

少ないレバレッジでちょっとずつでやっていこうと思います。

クロス取引

「クロス取引」そんなFX用語を始めて
聞いたのはいつのことだったか・・・。

 

なんのことかというと、
リーマンショックが、
世界経済に大打撃を
与えたあとに出てきた言葉だそうです。

 

リーマンショックの前までは、
アメリカドルが世界経済で
重要な価値を持っていたのに、
リーマンショックによって、
アメリカの信用が、がた落ちとなって、
世界が一時アメリカを無視した動きを
とっていこうとしたのです。

 

ですから、リーマンショック後は、
FXは、日本円とユーロの通貨ペアに移行したのだそうです。

 

でも、リーマンショックの後遺症は
もうすっかり消えて行っているのが
世界経済で、

 

アメリカは今再び世界経済の
手動権を取り戻してきたといえそうです。

 

何と言っても外貨取引の90%は、
アメリカドルが絡んでいる世界の基軸通貨のですからね。