UBUNTUでメタトレード

linuxでデスクトップといえばUBUNTU、
このOSでトレードできないだろうか?
としばしば考えてたものですが、
やはり一度はチャレンジすべき、

 

ということで、UBUNTU+wineのコンビネーションで
メタトレーダーの導入にチャレンジしてみました。

 

試してみたらまずUBUNTUでは
中身としてwineがすでに入っているんですね、
インストールはされてませんが、
そのまますんなりと実行が可能です。

 

でもってメタトレ4をインストールするだけ、
非常に素早い導入プランですが、
MT5も可能なようです。

 

もちろんメタトレの開発元が
保証しているわけでもありませんし、
ましてや国内のメタトレ業者にも
サポートは依頼できません。

 

少ないレバレッジでちょっとずつでやっていこうと思います。

クロス取引

「クロス取引」そんなFX用語を始めて
聞いたのはいつのことだったか・・・。

 

なんのことかというと、
リーマンショックが、
世界経済に大打撃を
与えたあとに出てきた言葉だそうです。

 

リーマンショックの前までは、
アメリカドルが世界経済で
重要な価値を持っていたのに、
リーマンショックによって、
アメリカの信用が、がた落ちとなって、
世界が一時アメリカを無視した動きを
とっていこうとしたのです。

 

ですから、リーマンショック後は、
FXは、日本円とユーロの通貨ペアに移行したのだそうです。

 

でも、リーマンショックの後遺症は
もうすっかり消えて行っているのが
世界経済で、

 

アメリカは今再び世界経済の
手動権を取り戻してきたといえそうです。

 

何と言っても外貨取引の90%は、
アメリカドルが絡んでいる世界の基軸通貨のですからね。